サイトM&Aのデメリットとは?

相談に乗っていて疲れてしまう恐れがある

サイトM&Aには様々なメリットがあるといわれますが、少なからずデメリットも存在します。例えばサイトを売却するのではなく閉鎖する形をとればお金は入ってこないものの、すべてを終わらせて自由になる事が可能です。しかし、売却するとなるとまずは売却直後に操作方法などに関して相談をされたら、例えば旅行中にくつろいでいるような場合でも誠意をもって対応しなければなりません。さらに、その後も複雑な構造のサイトほど、売却先から継続的に質問や相談が来る可能性があり、休みの日であっても毎回丁寧に対応をしていたら疲れてしまう恐れがあります。完全閉鎖してしまえばこのような事は決して起こりませんので、売却後に発生するサポートに苦労する可能性があるのはサイトを売却する事のデメリットと言えます。

同じようなサイトを作れなくなる

自分が詳しい知識を持っている業界に関する情報サイトというものは、成功しやすい傾向です。しかし、もしそんなサイトを売却するとなると、相手方との契約の中で、今後、競合になるようなものは作ってはならないという契約を結ばされるケースがあります。もし、競合サイトの新規立ち上げ禁止に関する規約に同意してしまったら、また似たようなサイトを作りたくなったとしても、同じようなサイトを作る事は許されません。一方、サイトを閉鎖する形を選んだ場合は、似たようなサイトをまた新たに作る事は自由です。また、コンテンツは残したまま運営休止する形をとった場合は、再開したい場合にいつでも運営を再開させる事ができます。売ってしまったら、その後は自分の深い知識を活かせない恐れがある点もサイト売却のデメリットといえます。