どんなサイトがいいサイトなのか、またどんなサイトが需要が高いのか

買い手にとってお得なサイトの特徴

第一に、運営に手間がかからず、ある程度放置していても回るサイト、つまり、効率性や収益性の高いサイトが良いサイトです。この意味で、具体的なビジネスモデルの傾向として、アフリィエイトサイト>アドセンスサイト>ECサイトの順番になります。ECサイトの場合、普段から、顧客対応、商品仕入れ、発送等の手間が掛かり、効率性の意味で難点があります。 第二に、SEO対策の回収率が良いサイトです。具体的には、グレーハット>ホワイトハット>ブラックハットの傾向があります。ブラックハットが規則違反で効果が余りでないことが知られることと、完全順法のホワイトハットの回収率が月間利益の2~3年分であると言われているのに対して、グレーハットが1~1.5年で回収できると言われています。 第三に、余裕資金の範囲内の価格設定をすることが無理のない購入に繋がります。初心者であれば、100万円程度の価格設定が良いとされています。

需要が意外に高い事業者サイトの存在

例えば事業者が運営している債務整理サイトや不動産売買サイト、リフォームサイトなど多くのサイトは、同業者への需要が必ずありますし、また、コンテンツさえしっかりしていれば、リニューアルしてアフィリエイターへの転売が、十分可能です。 なぜ、事業者サイトの需要が多いかという理由は、事業者サイトのコンテンツ内容が、事業者が直接従事した業務内容を、現場が一番わかっている当事者本人である事業者が直接記載したものが作りこまれているために、価値が高いことがまず挙げられます。 また、SEO対策の内容が、事業者本人が普通SEOにあまり詳しく無く、ホワイトハット形式で対応している場合が多く、このことが逆に、コンテンツの信頼性という意味で、専門の技術者の成果物としての愚直で真面目な価値をより引き出している場合があるためです。